Storyロゼワインの魅力

ロゼワインの魅力

なぜいま、ロゼワインなのか?そんな疑問にお答えします。
Line upLine up
ロゼレガンスが厳選した、珠玉のProvenceロゼワインをお届けいたします。
Topics東京カレンダーで紹介されました

東京カレンダーで紹介されました

9月号の「柳忠之の東カレ的ワイン達人への道」でSolsticeが選ばれました。

TopicsPR Image Video

PR Image Video

いろいろなところで好評です! Image Video風にまとめてみました。

RestaurantRestaurant
ロゼレガンスが厳選した、珠玉のProvenceロゼワインをお楽しみ頂ける、素敵なレストランをご紹介します。
SeminarSeminar
人生をより美しく、より豊かにするためのお手伝いをしています。
セミナー等のスケジュールはこちらから
Topicsネットショップ開店!

ネットショップ開店!

Rosélégance のロゼワインをネットからご購入いただけるようになりました。

Topicsワイナートに紹介されました

ワイナートに紹介されました

「2016年ベストワイン」の1本に選ばれております。

ロゼワインの魅力

Story
プロヴァンスの歴史

プロヴァンスの歴史

地中海世界との玄関口であるプロヴァンスの歴史は、フランスで最も歴史のあるものです。Provence という地名が「プロウィンキア・ロマーナ(ローマの属州)"Provincia Romana"」に由来しているように、紀元前6 世紀からギリシアやローマの植民地として様々な影響を受け、中世においてはプロヴァンス伯の領地として独立性を保ち、15 世紀末にフランス王国に吸収されるまで、独自の歴史を歩み、言葉や文化を培ってきました。プロヴァンスだけでユネスコ世界遺産に5ケ所も登録されているなど、多くの史跡に恵まれています。

1989年に刊行されたピーター メール著「南仏プロヴァンスの12か月」に代表されるプロヴァンスの牧歌的文化は、自然から引き離された都市生活者にとって今も魅力的でありラベンダー、石鹸、オリーブオイル、ラタトゥイユ、ロゼワインなどといった定番のアイテムは人気です。しかし近年、「牧歌的でのどかな田舎」だけではない新しいプロヴァンスの魅力が認識されつつあります。南仏をテーマにしながら、三ツ星を獲得するレストランが産まれたことは、その象徴でしょう。

ワインの世界でも近代的な温度管理の技術が導入されることで、今までよりも繊細でドライな味わいのプロヴァンスのロゼが産まれています。自然に溢れた牧歌的な環境に加え、「洗練」という様子の足された新しいプロヴァンスのあり方は、これからますますその価値を高めることでしょう。

フランスでのロゼワインの産地

フランスでのロゼワインの産地

日本で「ロゼワイン」というとロワールの「ロゼダンジュー」ローヌの「タヴェルロゼ」そしてポルトガルの「マテウスロゼ」といったところがポピュラーでしょうか。
そのため、ロゼワインというと「フルーティーでやや甘口」というイメージが強いようです。しかし、フランスで「ロゼワインの産地」と言えばまず浮かぶのは「プロヴァンス」です。そしてその味わいは「キリッとドライ」なものであることが一般的。甘い初心者向きというロゼに対するイメージは非常に偏ったものです。

Story
ロゼワインのトレンド

ロゼワインのトレンド

20年前の濃厚なワインを求めるトレンドは今やすっかり影を潜めてしまいました。
聖地ブルゴーニュはもちろん、ボルドーにおいてでさえ、繊細な味わいが主流となっているのは皆さん周知の事実でしょう。
世界のワインのトレンドは「軽やか」に向かっています。肉料理ですら、重い赤はいらないのでは?オレンジワインの方が相性がいいのでは?という前衛的な提案もあります。味わいのニーズに加え、低温管理などの技術革新が、より繊細で緻密なワインの表現を後押ししています。今や、「自然派ワイン」とは昔のやり方で造ったワインではなく、最新の設備で造った繊細なワインという意味になりつつあるほどです。ワインの世界は変わりつつあります。歴史やルールに縛られず、もっと自由に楽しめるワインの飲み方を、今こそ見つけませんか?

プロヴァンスのロゼワインの今

プロヴァンスのロゼワインの今

プロヴァンスのロゼワインというと、訪れた際には必ず口にする定番のアイテムです。フランスのロゼの中でも最もポピュラーな産地でしょう。まずその特徴は他の産地のロゼワインに比べて、淡いオレンジがかった色調です。大きな要因は「直接圧搾法」という絞り方です。
赤ワイン用の葡萄を用い、圧搾後数時間というわずかな間、果汁に果皮と種を浸け色と香りを抽出します。これが淡い色調ながらしかっりとした味わいと香りを生成します。それに加え、近年プロヴァンスのロゼワインの品質が向上した要因は機械化による「低温管理醸造」です。冷蔵機能のある醸造タンクの使用により、淡く繊細だが芯のあるプロヴァンスのロゼの個性がますます表現に磨きがかかりました。